Mihi Marketing

【日本と世界の差】ブラウザについて まだInternet Explorer 使ってる…?

こんにちは!早速ですが、

みなさんはどのブラウザを使っていますか?

ブラウザに関して、最近すごくびっくりしたことがありまして…。

それは今年の確定申告を初めて オンラインで済ませたのですが、
なんと、E-taxで推奨されていたブラウザがInternet Explorerだったのです…!
もう、本当に、驚きすぎて、一瞬時間が止まりました。久しぶりにこの文字を見た気がします…。

税務署に行くより簡単に済ませたかったので、Internet Explorerを使い、電子申告をしましたけども。
まさか旧式のIEを推奨されるとは思ってもいませんでした。
マイクロソフトは、かなり前からIEをサポートしていません。

「そろそろIE、やめません?マイクロソフトが呼びかけ 」  
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010003-engadgetj-sci

Internet Explorerの悪い点としては、
・最新のWebテクノロジーをサポートしていないため、ページによっては正常に読み取れないことがある。
・セキュリティーが低いので、ウイルスに侵されやすい。
・ページの読み込み速度が最新のブラウザに比べ、相当遅い。
などがあります。

こちらのグラフをご覧ください↓↓


日本のブラウザ推移 2015-2019

世界のブラウザ推移 2015-2019


http://gs.statcounter.com/

画像引用

違いは一目瞭然ですね。
Google Chromeは2012年頃に使われるようになり、
世界中ではあっという間広まり、一般的に使われるようになりました。
それに対し、日本は少しずつに広まっていき、一番使われるブラウザになるまで約5年もかかっています。

そして、今現在もIEを使われている方が約10%もいるということ。

これが日本と世界の差です。


これはブラウザだけに限りません。
その他のジャンルでも日本は他国に比べ、
一般的に浸透するように(使われるように)なるまでかなり時間がかかっています。
日本はとてつもなく時代に遅れているのです。

ITの世界は常に進化しています。常に変わっています。
この世界では10年前のものは使い物になりません。

Mihiチームは常にアンテナを張り、情報を得るよう心がけています。

益々グローバル化が加速する中で、みなさんが取り組んでいることって何かありますか?

Internet Explorerを使われている方、
まずは最新のブラウザに変えることから始めませんか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn